♪この町のメインストリート僅か数百メートル さびれた映画館 バーが5、6軒〜

只今 27℃の上海

今朝も晴れてます

今年は 早々と

日本は酷暑のようですが

上海も暑いには暑いんすが

今のところ 風がある日が多く

さほど苦にはならないといったところでしょうか

とはいえ

日曜のGOLFで

ずいぶんと日に焼けて

腕時計の跡がくっきりだったり

鼻の頭が赤黒かったり

思えば

学生時代 確か・・・

4回生?? の夏かなあ???

あの時は ほんと黒かった

松崎しげるさんにも勝てそうなくらい

毎週のように

下宿の隣の部屋の

イトウ君の車で 若狭に出かけ

焼きまくっていた

車の中のBGMはというと

角松敏生さん  

今でも 彼の歌を聞くと

こう・・・ 

こんなに自由でいいのか??という

後ろめたさと 

いつまでも この自由も続かないんだ。という

焦燥感というか なんだろう

うまく言葉がみつからないんですが

それらが入り混じった思いが

胸に去来するのです

そして、そんな思いを抱いていた

あの暑い夏が よみがえってくるのです

あと 夏というと 思い出すのが

柳ジョージさんの

「青い瞳のステラ1962年夏」

この歌を聞くと

軽音時代の夏合宿や

当時つきあっていた子のことを 思い出す

1つ年下だったから

今55歳かあ・・・

あれ以来 1度も会ってもいないけど

元気にしているのだろうか?

その後 どんな人生を送られたんだろう

幸せでいてほしいと思います

この歌を聞くと この人を思い出す

そんな歌 必ずありますよね

そういえば、ちょいと話はズレますが

浜省さんの

「Money」

♪ この町のメインストリート 僅か数百メートル

さびれた映画館と バーが5、6軒〜

これ、おいら自分でバンド組んでカバーするまで

♪ この町のメインストリート 僅か数百メートル

さびれた映画館と バーガーコロッケン

この歌で歌われている町は

コロッケバーガーが有名で

そのコロッケバーガーの名前が

「バーガーコロッケン」  というのだと

信じて疑わなかったのです

いまだに この歌を聞くと

そのことを長年勘違いしていた

自分のことが 自分で滑稽に思えるのです

コロッケだけに

滑稽に

ロ抜き言葉

滑稽も ロを入れれば

コロッケイ

電子書籍 アマゾンkindleにて絶賛発売中です

2008年上海に来てからの暮らしを

ほぼノンフィクションで綴った 初の私小説

「上海物語」¥150

     

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E7%89%A9%E8%AA%9E-%EF%BE%93%EF%BE%98%EF%BD%BC%EF%BD%B9%EF%BE%9E-ebook/dp/B06Y1XC56Z/ref=pd_ecc_rvi_3

「上海同窓会」¥99

   

   

https://www.amazon.co.jp/dp/B071VBJ232/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1493699786&sr=1-1&keywords=%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E5%90%8C%E7%AA%93%E4%BC%9A

「クレセント」

https://www.youtube.com/watch?v=yMUQzBovBBU

Youkuは

https://v.youku.com/v_show/id_XMzY4MjMzODE3Mg==.html?spm=a2hzp.8244740.0.0