被った那須野物語 ( 鉄道、列車 )

特に撮影地という程でもないのだろう。

線路に沿って長く続く道路際でカメラマンを見かけることはめったにない。

特別な客車列車が運転されるときぐらいか。

それにしては今回はかなりにぎやかな気がする。

何度も通って土地勘がある場所だが、生活道路によくこんな駐車スペースを見つけたものだと感心する場所に車が停まっている。

道路が長いので先客は点々としているのだが、その間に入り込むのは気が引ける。

もっと混んでいたほうが、かえって空きスペースに入りやすい。

場所を選んでいる時間も無くなり、少し引いた位置で列車を迎えた。

那須野物語が視界に入ったとき、上り電車が来た。

どうにか後姿は撮ることができた。

何号車なのか知らないが、上り電車が通過した直後の視界。

ヤケになってシャッターを押した。

かなり遠かったが被るのが分かった瞬間シャッターを押した写真。

それにしても梅雨明けの日差しは強烈だった。