気動車のエンジン音が子守唄 鹿島臨海鉄道を完乗! - 旅の途中

2015.06.01の再掲載です。

 鹿島サッカースタジアムから水戸へ、鹿島臨海鉄道?大洗鹿島線に乗車する。この駅はJR鹿島線鹿島臨海鉄道の起点終点ながら普段は営業していない。列車はJ1の試合開催日、KICK OFの概ね4時間前くらいから停車するようだ。

鹿島臨海鉄道は1970年に貨物線として開業。成田空港へのジェット燃料の輸送を担った。なるほどディーゼル機関車に牽かれた長大なタンク車の写真や映像を見た覚えがある。旅客営業は1980年からと歴史は浅い。中心駅のひとつ大洗には酒蔵も在るそうだけど、今回は途中下車はパスしよう。

午後の陽射しを受けた車内、気動車のエンジン音と少し大きめの揺れに身を委ね......

正確な間隔で頬を撫でる扇風機の心地よい風に吹かれながら......

良く冷えた生酒をちびりちびり、北浦の風景を眺めてうとうとしていると......

水戸までの1時間半はあっという間。大洗鹿島線はJR水戸駅の8番ホームにちょこんと終着する。

水戸駅に降り立つのはおよそ10年ぶり。南口ロータリーが整備され、商業ビルが立ち並び、その変貌ぶりに少々驚いた。気動車のエンジン音を子守唄に、快適な午睡のひとときを愉しんだ大洗鹿島線の旅。

鹿島臨海鉄道?大洗鹿島線 鹿島サッカースタジアム〜水戸 50.3km 完乗