SPORTS INNOVATION - re-neco

necoです。

ブログに不愉快な話を書くのは本意ではないんですが。余りにも酷い話なので書かせていただきます。

読みたくない人は飛ばし読みをしてくださいね。

職場で毎日のように暴言を吐かれています。

40過ぎて未だに女子校のいじめっ子グループみたいな人達がいてね。彼女達は私の病気のことをバカにしたくてたまらないらしい。

フットサルファンでもないくせに、このブログもコソコソと欠かさずチェックして、陰口のネタにしている様子。

ストーカーかよ。

それでも母親なんだよね。

家で子供に何を教えているんだか。

呆れて言葉にならないので、適当にシカトしているんですけど。

暴言がエスカレートしてるんですよね〜。

そのうちどこかに通報しようかと思っています。

さて!

お待たせしました、ここからはいつものフットサル話ですよっ!(笑)

というか、今回はサッカー関連のお話ですね。

私はサッカーは正直そんなに詳しくないんですが(笑)

昨シーズン、徹底したフィジカルトレーニングで、J1チームを倒すというジャイアントキリングを達成して話題となったアマチュアサッカーチーム、東北2部の『いわきFC』を、みなさんはご存知でしょうか。

その『いわきFC』のフィジカルトレーニングの秘密をNHKが特集するというので、興味津々で見させていただきました!

放送は昨夜、NHK BS1の『SPORTS INNOVATION』という番組です。

ちなみに番組URLはこちら

番組によると、いわきFCは、選手の能力をデータ化して、各個人に合った最適なトレーニング方法を実践するため、全選手の遺伝子検査を行なったそうなんです。

遺伝子検査の結果、選手のタイプは大きく分けて

 瞬間的なパワーはあるけれど持久力がない『パワー』タイプ

 瞬間的なパワーはないけれど持久力がある『持久力』タイプ

 その中間のタイプ

の3つに分けられたそうなんです。

パワータイプは、フィジカルトレーニングでは強い負荷をかけて、短時間で済ませるトレーニングを。

持久力タイプは、弱い負荷をかけて回数を多く。

中間タイプはその中間。

これにより、いわきFCの選手のフィジカルは格段にレベルアップしたそうなんです。

もう、服の上から見てもわかるくらい、みなさんムキムキになってましたねえ(笑)

1年で10kg以上も筋肉量を増やした選手もいるそうですよ。

とはいえ、他のアマチュア選手が、じゃあ遺伝子検査やってみよう!と簡単にはいかないと思うんですけど。

長年スポーツをやっていれば、自分がパワータイプか、持久力タイプか、その中間かはなんとなく実感があると思うので、パワータイプだったら、例えば『タバタ式』みたいな、強い負荷を短時間でかける要素があるトレーニングを積極的にやってみたり、持久力タイプなら、例えば『スロートレーニング』をやってみたり、中間の人は両方取り入れたりすればいいんじゃないかな〜、なんて、素人ながら考えてみました。

番組を見て、すご〜く勉強になりましたね〜。

再放送、するんじゃないかな〜。

興味のある方はチェックしてみてくださいね!

ではまた!