大阪の建築物を楽しんで見てまわる

最近、大阪市内をうろうろと歩いているのですが結構面白い建物が多いのです!ユニークな大阪の建築は見ていて楽しくてなりません。

また建築と言っても、鉄筋コンクリート造や鉄骨造、木造、さらには混ざった混構造などあらゆるものがあります。

さらに言えば、建築年代でも全く違って、大正期〜昭和初期にかけては、鉄筋コンクリート造やレンガ造などが残っており、現在の高層ビルなどは下層階は鉄骨鉄筋コンクリート造で上層階は鉄骨造になっている建物などもあります。

日本一高いビル、あべのハルカス

下層階は鉄骨鉄筋コンクリート造上の方は鉄骨造でできています。

大阪の魅力ある建築物

中央公会堂中之島

大阪を歩けば、そんな時代を感じる建物から最先端の建物まで数多くの建築物に出会うのです。

中央公会堂は大阪市北区中之島にあります。ネオルネサンス様式でレンガ造りで一瞬で目をひく外観です。

堺筋にある建築

新井ビル北浜

この新井ビルが完成したのが1922年。大正11年ですからもうすぐ100年が経とうしています。

そんな約100年前の建物が実際に大阪に建っているというのはワクワクしませんか?

生きた建築ミュージアム10月頃開催予定で中に入る事ができたのですが、今はオフィスビルになっています。

元は、報徳銀行の大阪支店として建てられたそうなのですが、この周辺には結構、当時建てられた銀行の建物が残っているのですよ。

この新井ビルは堺筋に面しており、堺筋には大阪商工会議所本店が安藤忠雄氏設計で建て替えられました。

僕も建設中に何度か前を通ったのですが、安藤忠雄氏らしいコンクリート仕上げが垣間見れました。

船場ビルディング

僕が気に入っているビルの一つが船場ビルディング。なんか落ち着くんですよね。

このビルも大正期に造られた建築物1925年、大正14年で、今も現役のビルです。

細長い中庭があって、それを囲むように部屋があります。

デザイン事務所などが賃貸で入っていて、なかなか空きが出ないとか。

このビルは地下鉄で言うと、堺筋線堺筋本町と北浜、御堂筋線の本町と淀屋橋の4つの駅のちょうどド真ん中に位置しています。

休日は閑散としていてのんびり歩くことができて良い散歩コースになります。

また近くには、輸出繊維会館があって、建築家村野藤吾氏が独立前に設計したものなのです。

御堂筋に残る歴史的建築

ガスビル大阪ガス

御堂筋を歩くワクワクする建築物に出会います。まさに建築ミュージアムなのです。

その中でも僕が好きなのがガスビル。1933年昭和8年に建てられたビル。

当然、当時はガスがあまり普及していなく、庶民にとってガスは街にある灯りガス灯くらいだったのではないでしょうか。

しかし、このビルを建設し、より庶民にガスとは何かを知らせるガス普及のシンボル的建物だったと思います。

エントランスやエレベーターホールにはイタリア産大理石が使われ、当時でしかできないような豪華な仕様なっています。

最上階にはガスビル食堂があって、御堂筋を眺めながら食べるディナーは最高でしょう!

あ!食堂と書いていますが結構格式高いレストランですよ(笑)

通天閣2代目

大阪のシンボル、それは通天閣と言っていいと僕は思います。

大阪人はこの通天閣にどんな思いを持って過ごしてきたのでしょう。

現在の通天閣は2代目で初代は1912年大正元年に完成。

パリの凱旋門エッフェル塔を混ぜ合わせたユニークさはおおさかじんならでは?

1943年に家事の影響で解体された初代。再建築を熱望する市民に後押しされ1956年に内藤多仲氏設計、竹中工務店が施工により現在の通天閣が完成したのです。

近年は外国人観光客が多く、新世界エリアは串カツの聖地と言わんばかりの店の多さに喜ばれていることでしょう。

まだまだある大阪の建築

船場ビルディングは登録有形文化財に指定されている

まだまだ大阪には有名な建築物がたくさんあって僕も行き切れていないのが現状です。

建築物は造る楽しさ、見る楽しさ、使う住む楽しさがあると思います。この3拍子揃った建築物に触れる機会が大阪にはあるのです。

そしてそういう空間には人が集まるり、人の幸せが集まってきます。

僕もまだまだ知らない大阪を見つけに歩いて行こうと思います。

みなさんも、好きな建築物を見つける旅に出かけてみてはいかがでしょうか?

関連記事

生きた建築ミュージアム2017

なんばパークスの建物がユニークだ!