人は、刺を背負いながら生きている。泣けないで貯めた涙の分だけ優しくなれるのだろうか。ならば僕は、人の心に花を咲かせる雨になりたい。